n-3系脂肪酸(オメガ3)は悪玉コレステロールを減らし、善玉を増やす

主要な栄養素の1つである脂肪酸は、大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類できます。そして、その不飽和脂肪酸はさらに、n-3系脂肪酸とn-6系脂肪酸、オメガ9に分けることができます。そのうちn-3系脂肪酸はオメガ3と呼ばれることが多く、人体の健康を維持するためにとても重要な働きをすることから、認知度も高くなっています。

 

オメガ3の構造を持つ脂肪酸は、さらに細かくいくつかの分類がなされています。DHAやEPA、αリノレン酸がその主要なもので、どれも健康食品としてサプリメントなどになっているため、よく知られています。オメガ3は全体的に青魚や植物由来の油に多く含まれています。植物油の中でも特に、亜麻仁油やエゴマ油などに多く見られ、クルミやしそなどにも含まれています。

 

細かく見てみると、DHAやEPAといった脂肪酸は青魚に多く含まれていて、植物系の油はαリノレン酸を多く含んでいます。同じオメガ3の構造を持つ脂肪酸でも、どんな食品に含まれているかが異なりますので、特定の脂肪酸を摂取することを考えているのであれば、注意が必要となります。もちろん、サプリメントの中にはこうした脂肪酸を複数抽出しているものもありますので、効率よくオメガ3を摂取したい時には、とても役立つでしょう。

 

オメガ3系の脂肪酸は、血液の状態を安定させるために効果を発揮します。とりわけ悪玉コレステロールを減らすとともに、善玉コレステロールを増やすという二重の働きをしてくれますので、コレステロールが気になる方にはもってこいの栄養成分だと言えるでしょう。悪玉コレステロールを減らすものの、同時に善玉も減らしてしまうという栄養成分も多いので、良い効果だけをもたらしてくれるn-3系脂肪酸は、コレステロールの問題を抱えている人には頼もしい味方となります。

 

コレステロールの値を安定させることは、食生活が欧米化して生活習慣病が蔓延している現代社会には、とても重要なことです。その点、このオメガ3の働きは非常に大事な位置を占めています。あまり日常的に使用されない植物油に多く含まれている栄養成分ですので、料理で使う食材を変更するなどして、摂取に工夫が求められます。サプリメントでの摂取であれば、より簡単に摂ることができますので、上手に利用したいところです。たくさんのサプリメントが市販されていますので、自分に合ったものを見つけると良いでしょう。

n-6系脂肪酸(オメガ6)は悪玉・善玉コレステロールの両方を減らす

n-6系脂肪酸(オメガ6)は、必須脂肪酸の1つで、人体内では合成することができないため、食事やサプリメントによって摂るしかありません。免疫機能の維持や血液中のコレステロールや中性脂肪などを安定させる働きがあるため、意識して摂ると良い成分です。一方で、過剰摂取してしまうとアレルギー反応や炎症を引き起こしてしまうこともありますので、バランス良く摂取することが求められます。

 

n-6系脂肪酸(オメガ6)は、植物由来の油に多く含まれていて、サフラワー油やコーン油、大豆油などがその代表格です。日常の料理でも使いやすい油ばかりですので、油を変えることで摂取を促すことができます。この脂肪酸は、いくつか細かく分類することができますが、日本人が多く摂っていて良く知られているのがリノール酸です。コレステロール値を安定させる効果がありますので、動脈硬化を防ぎ深刻な病気を予防するのに大切です。

 

一方で、n-6系脂肪酸(オメガ6)は悪玉コレステロールだけでなく、善玉コレステロールも同時に減らしてしまうという作用を示します。そのため、必須脂肪酸ということで、食事などを通して摂取することは必要ですが、過剰な摂取は避ける必要があるでしょう。他の脂肪酸との兼ね合いも考えながら、適度な摂取が求められます。コレステロールは、血管に付着して血管を硬くさせてしまうということで、悪いイメージを持たれがちですが、善玉コレステロールなどは人体に必要な働きをする有用なものですので、バランスの良い状態を保つ必要があるのです。

 

n-6系脂肪酸(オメガ6)の中でも、γリノレン酸は魚卵などに比較的多く含まれている脂肪酸の一種です。やはり、血液中のコレステロール値を下げるとともに、血糖値や血圧を下げる働きをしてくれます。普段の生活ではなかなか摂りづらい成分ではありますが、病気の予防には効果を発揮しますので、サプリメントなどを通して効率よく摂取できる方法を探すのも良いでしょう。

 

また、アラキドン酸は卵黄やレバーなどに含まれ、オメガ6の中でも動物由来の脂に比較的多く含まれている脂肪酸です。免疫機能を維持するために重要な成分ですし、幼児の発育には欠かせない物質ですので、意識して摂取することを心がけましょう。いくつもの種類があるn-6系脂肪酸(オメガ6)ですが、それぞれに異なる特徴を持っていますので、違いを把握して上手に摂取するようにしたいものです。